<うつくしまスポーツキッズ発掘事業>

第2ステージ
クロストレーニング トランポリン競技」

日 時 11月18日(土)9時30分集合 10時〜12時
会 場 学校法人尚志高等学校 体育館 (郡山市)
講 師 福島県トランポリン協会(強化スタッフ)
菊地 武人先生・遠藤 静子先生 指導
連盟強化スタッフ 4名
参加者 39名
日 程
9:30 受付
10:00 開始式 あいさつ
    ランニング
    グルーピング 6グループ(能力別)
10:20 順序決め
    ストレートジャンプ 10回 2セット → 静止(チェックバウンズ) 
      
    「トランポリンの中心にある 十の印の上で跳びましょう。」
     1/2ひねり → 1回ひねりジャンプ
(基本フォームの連続技) 
 抱え込み → 閉脚 → 開脚  → 静止(チェックバウンズ)
(基本フォームから連続技まで・・・) 
 腰落ち → 1/2ひねり腰落ち

「お尻と太股の裏側が同時に着地するように!」
 腹落ち → 
 四つん這い姿勢から
「腰を引いて水平に着床するように!」
 背落ち  
 ダンゴ(基本フォーム)→ 背落ち  

11:00 各グループで休憩

11:15 基本ジャンプを反復練習
 「視線は前に! フィニッシュをピタッと決めましょう!」   
11:50 練習終了
強化選手による 模範演技(写真参考)

12:00 閉校式
〈講評 遠藤 静子先生〉
「皆さんは、初めての人も多いと思いますが、コーチの指導をうけて、グングン
上達するので、教えていて大変おもしろかったです。今日の経験を生かして、
いろいろなスポーツに挑戦してください。」
お礼のことば キッズ代表 山廼邊貴裕(ヤマノベタカヒロ)君(5年生)
「今日は私たちのために一生懸命教えてくれてありがとうございました。最初は、
高く跳ぶのは怖かったけれどだんだん慣れてきて、最後はいろいろな技に挑戦できて
とても楽しかったです。またチャンスがあれば挑戦してみたいです!」

キッズ全員でお礼のあいさつ 「ありがとうございました!!」

〈コーチの皆さんの感想〉
「選ばれたキッズだけあって、最初は戸惑うこともあったようですが、
ちょっとしたアドバイスで、すぐできるようになりました。
のみこみが早いのには驚きました。」
「運動能力が高く、指示することがすぐできるのには驚いた。
これから続けてくれれば良い選手になるであろうと思う選手がたくさんいた。
他のスポーツをするにしても、今日はよい経験になるであろうと感じます。」(菊地コーチ)
〈見守っていた保護者の感想〉
「トランポリンはとても楽しみにしていました。
 なかなかやる機会がないので、毎年たくさん組んでもらいたい。」(5年生 父)

「見ていて難しそうですね。でも、うまくできなくても楽しそうです。
 クロストレーニングは普段できない種目が多く、専門のコーチにしっかり教わることができるので、
 毎回とても楽しみにしています。」(6年生 母)

「トランポリンの施設も少なく、親もどんな内容になるか楽しみにしてきました。
 この事業は、1年ごとの選考になるが福岡県のように継続して取り組める事業を
 親としては希望しています。」(6年生 父)

※ 保有する個人情報の取り扱いについて
 お子様の個人情報は、(財)福島県体育協会が個人情報の保護についての法令を遵守し、
 適切な運用管理を行います。