第1回スポーツ医・科学委員会

令和元年6月12日の水曜日に、福島テルサにて「第1回スポーツ医・科学委員会」が開催されました。公立藤田総合病院の名誉院長であられる堀川哲男委員長をはじめ、15名の委員が出席し、昨年度の事業報告、今年度の事業計画・協議事項について話合いをしました。内容は下記の通りです。

①平成30年度日本スポーツ協会スポーツドクター代表者協議会について
②令和元年度東北総合体育大会・国民体育大会帯同ドクターについて
③令和元年度スポーツ医事・トレーニング相談事業について
④令和元年度アンチ・ドーピング活動推進事業について
⑤令和元年度福島県体育協会認定アスレティックトレーナースキルアップ講習会について
⑥令和元年度福島県体育協会認定スポーツ栄養士スキルアップ講習会について
⑦令和元年度福島県体育協会加盟競技団体へのアンチ・ドーピング啓発活動について
⑧2019年度日本スポーツ協会公認スポーツドクター及びアスレティックトレーナー養成講習会について
⑨国体選手・指導者における薬とサプリメントについての意識調査について
⑩令和元年度福島県体育協会認定アスレティックトレーナー・スポーツ栄養士の活動について

上記内容について、よりよい事業にするべく議論が交わされました。福島県体育協会としましては、今年度も各種事業の充実・発展に努力して参ります。

 

各種届出申請書ダウンロードのバナー
賛助会員募集のバナー
アンチ・ドーピング宣言のバナー