令和3年度 ふくしまスポーツキッズ発掘事業 第2ステージクロストレーニング【開始式】【アイスホッケー競技】実施!

~公益財団法人福島県スポーツ振興基金助成事業~

令和3年度 ふくしまスポーツキッズ発掘事業 第2ステージ
クロストレーニング【開始式】【アイスホッケー競技】実施!

主催:公益財団法人福島県体育協会
共催:福島県・福島市
後援:福島県教育委員会・福島県高等学校体育連盟・福島県中学校体育連盟・郡山市教育委員会
主管:福島県アイスホッケー連盟
○期  日 令和3年10月10日(日曜日)
○会  場 磐梯熱海アイスアリーナ
○指 導 者  水野 英暢 氏 (福島県アイスホッケー連盟)
      中村 卓矢 氏 (福島県アイスホッケー連盟)
      西間木 涉 氏 (福島県アイスホッケー連盟)
      伏島 祐司 氏 (福島県アイスホッケー連盟)
      佐藤 永和 氏 (福島県アイスホッケー連盟)
      佐藤 大起 氏 (福島県アイスホッケー連盟)
      本田 和暉 氏 (福島県アイスホッケー連盟)
○参加人数 32
○内  容
 磐梯熱海アイスアリーナにおいて、令和3年度第1回目のクロストレーニングを開催しました。トレーニングへ入る前に行われた開始式では、本協会の穐本事務局長より事業の趣旨と参加するキッズへ期待することについての話があり、その後、今年度の指定キッズ全員へ「スポーツキッズオリジナルTシャツ」を贈呈しました。
 アイスホッケー競技のトレーニング内容や構成は、初心者でも十分に理解しやすく、段階的に成長を感じることのできる大変すばらしいものでした。まず、初めに氷上に座らせ、転び方や起き上がり方のトレーニング、氷上の進み方や止まり方、曲がり方等の基本的な動作を練習しました。次にスティックやパック(アイスホッケーの球)を扱い、ハンドリングやパス、シュートのスキル練習をし、最後はゲームを行いました。トレーニング序盤はほとんどのキッズが転んでいましたが、最後のゲームでは全員がパックを追いかけ、パスやドリブル、シュートを駆使しながら攻防を楽しんでいました。
 今年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、半日でのクロストレーニングとなりましたが、福島県アイスホッケー連盟の皆様のきめ細かな指導やお声かけにより、参加したキッズ全員が自分の成長を実感できるほど上達することができました。

○「開始式」「クロストレーニング(アイスホッケー競技)」の様子

 

※保有する個人情報の取り扱いについて
 お子様の個人情報は、(公財)福島県体育協会が個人情報の保護についての規程を遵守し、適切な運用管理を行います。

福島県文化スポーツ局スポーツ課からのお知らせ
tokyo2020バナー
各種届出申請書ダウンロードのバナー
賛助会員募集のバナー
アンチ・ドーピング宣言のバナー
リンクについて