【スポーツ庁:周知依頼】職場における積極的な検査の促進について

加盟団体 各位

 

日本スポーツ協会総務課でございます。

日頃から当協会スポーツ推進事業に対し、ご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

 

スポーツ庁から、職場における積極的な検査の促進に関するメールがありましたので、以下のとおりお送りいたします。

貴団体におかれましては、内容をご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 

以下スポーツ庁からのメール内容―――――――――――――――――――――――――――

 

いつもお世話になっております。

スポーツ庁政策課青山でございます。

内閣官房コロナ室からの周知依頼を受けてお送りいたします。

 

今般、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会より、

「自治体は、学校、職場、保育園等において、体調が少しでも悪い場合には気軽に抗原定性検査やPCR検査を受けられるよう促すこと。検査陽性者を確認した際には、医師や健康管理者は、保健所の判断が無くても、さらに濃厚な接触の可能性のある者に検査を促すこと」

との提言(令和3年8月12日)があったことを踏まえ、

内閣官房コロナ室にて、6月25日付けの「職場における積極的な検査等の実施手順(第2版)」の別紙を改訂するとともに、

改めて、「職場における積極的な検査の推進について」周知されておりますので、お送りさせていただきます。

つきましては、貴法人内及び関係団体等への周知をお願いいたします。

 

 

【参考】

6月25日付けの「職場における積極的な検査等の実施手順(第2版)」

 

・職場における積極的な検査の促進

・事務連絡

tokyo2020バナー
各種届出申請書ダウンロードのバナー
賛助会員募集のバナー
アンチ・ドーピング宣言のバナー
リンクについて