令和3年度ふくしま広域スポーツセンター第2回企画運営委員会

第2回企画運営委員会

開催場所

福島市男女共同参画センター ウィズもとまち

開催日時

令和3年10月22日(金曜日)13時30分

出席者数

19名(企画運営委員10名 事務局9名)

内容

  1. 開会
  2. あいさつ
    ふくしま広域スポーツセンター企画運営委員会委員長 鈴木 浩一
  3. 自己紹介
  4. 議長選出
    委員長 鈴木 浩一
  5. 報告事項
    (1)令和3年度ふくしま広域スポーツセンター事業の進捗状況について
    (2)令和4年度以降ふくしま広域スポーツセンター事業について
  6. その他
    第3回企画運営委員会について
  7. 閉会

会議の概要

本年度2回目の企画運営委員会を開催し、10名の委員が出席しました。始めに、鈴木浩一委員長(福島陸上競技協会会長)よりあいさつがあり、その後、参加者の自己紹介がありました。

報告事項では、(1)広域スポーツセンター事業の進捗状況(2)令和4年度以降ふくしま広域スポーツセンター事業について説明がありました。

総合型地域スポーツクラブ登録・認証制度の運用に伴う支援体制の改編という大きな節目となることもあり、活発な意見交換がなされました。以下はその要旨。

  • 総合型クラブはこれまで量的拡大の目的でつくってきた経緯からクラブの基盤が明確に揃っていないため、今回の総合型地域スポーツクラブ登録・認証制度の運用にあたり基盤整備を進めていく。
  • 現在総合型クラブが設置されていない市町村もあるが、県内すべての市町村に対し部門別のスポーツ推進計画の整備をお願いする予定であり、その中に総合型クラブについても盛り込み、市町村からの支援を促していく。
  • すでにスポーツコミッションを立ち上げ活動している地域もあり、スポーツコミッションと総合型クラブの競合に対する解消策や連携・協力については、地域の実態に応じ、スポーツを通じて地域の活性化に繋がるよう交流を増やすという観点で、市町村等を巻き込んで事業を行い働きかけていく。
  • この企画運営委員会は、次年度から他事業との連携・統合という再構築により、県体育協会生涯スポーツ推進委員会に移行されることになる。

最後に、事務局より次回の開催を2月9日(水曜日)に予定していることが告げられ、閉会となりました。

会議の様子

第2回企画運営委員会の様子第2回企画運営委員会の様子第2回企画運営委員会の様子

福島県文化スポーツ局スポーツ課からのお知らせ
tokyo2020バナー
各種届出申請書ダウンロードのバナー
賛助会員募集のバナー
アンチ・ドーピング宣言のバナー
リンクについて