(スポーツ庁:御連絡)【事務連絡】「B.1.1.529系統(オミクロン株)が主流である間の当該株の特徴を踏まえた感染者の発生場所毎の濃厚接触者の特定及び行動制限並びに積極的疫学調査の実施について」の周知について(周知依頼)

福島県スポーツ協会各加盟団体事務局長 様 
 
(スポーツ庁:御連絡)【事務連絡】「B.1.1.529系統(オミクロン株)が主流である間の当該株の特徴を踏まえた感染者の発生場所毎の濃厚接触者の特定及び行動制限並びに積極的疫学調査の実施について」の周知について(周知依頼) 
 本協会の事業推進につきましては、日頃より御理解と御協力をいただき、厚く御礼申し上げます。
 さて、標記の件について、日本スポーツ協会から通知がありましたので内容を御確認の上、関係者へ周知くださるようお願いします。詳しくは下記を参照の上、御確認ください。なお、御不明な点などありましたら、該当するコールセンター等に直接連絡をお願いします。
 
 ※本協会は、令和4年4月1日から「体育協会」から「スポーツ協会」へ名称変更しました。
・【事務連絡】「B.1.1.529系統(オミクロン株)が主流である間の当該株の特徴を踏まえた感染者の発生場所毎の濃厚接触者の特定及び行動制限並0001【事務連絡】「B.1.1.529系統(オミクロン株)が主流である間の当該株の特徴を踏まえた感染者の発生場所毎の濃厚接触者の特定及び行動制限並0002
~以下は日本スポーツ協会からのメール文~
Subject: スポーツ庁:御連絡)【事務連絡】「B.1.1.529系統(オミクロン株)が主流である間の当該株の特徴を踏まえた感染者の発生場所毎の濃厚接触者の特定及び行動制限並びに積極的疫学調査の実施について」(令和4年3月16日)の再周知について


加盟団体 各位



日本スポーツ協会総務課でございます。

日頃から当協会スポーツ推進事業に対し、ご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。



標記の件について、3月25日にスポーツ庁から事務連絡のメールがありましたので、以下のとおりお送りいたします。配信が遅くなり申し訳ございません。

貴団体におかれましては、内容をご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。



以下スポーツ庁からのメール内容―――――――――――――――――――――――――――



いつもお世話になっております。

スポーツ庁政策課でございます。内閣官房コロナ室からの周知依頼を受けて厚生労働省の事務連絡をお送りいたします。



直下メールの通りお送りさせていただいた濃厚接触者の特定に関する方針の事務連絡について、

18日と22日に一部更新されたことを受けて、添付の通り「B.1.1.529系統(オミクロン株)が主流である間の当該株の特徴を踏まえた感染者の発生場所毎の濃厚接触者の特定及び行動制限並びに積極的疫学調査の実施について」が厚生労働省より自治体宛てに再周知されておりますので、共有させていただきます。



上記の更新により、事務連絡後半にQAが追加されており、

Q4において、保健所等により幅広く濃厚接触者の特定を行う場合の待機期間の取り扱いについて明記されているほか、

Q3において、待機期間の短縮のための必要な抗原定性検査キットについては、濃厚接触者が所属する事業者が、上記事務連絡の別添の確認書を提出し、医薬品卸売販売業者から購入することが可能であり、医薬品卸売販売業者からの購入が困難な場合等には、薬局から購入することも差し支えないことが記載されています。


つきましては、毎度お手数おかけいたしますが、内容についてご了知いただくとともに、関係機関等へも共有いただけますと幸甚です。
何卒よろしくお願いいたします。




【参考】

(B.1.1.529 系統(オミクロン株)が主流である間の当該株の特徴を踏まえた感染者の 発生場所毎の濃厚接触者の特定及び行動制限並びに積極的疫学調査の実施について(18日更新))

添付のpdfでは22日の厚労省事務連絡しか添付されていないところ、18日に更新された事務連絡は下記URLの通りです

(変更箇所に下線が付されています)。
https://www.mhlw.go.jp/content/000915686.pdf<https://jpn01.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2Fwww.mhlw.go.jp%2Fcontent%2F000915686.pdf&data=04%7C01%7Cfukushimaken%40japan-sports.or.jp%7Cd6823cc2347747cca08408da113d1c15%7C179e1cb6da534b43baaad54476da9ece%7C0%7C0%7C637841251719934649%7CUnknown%7CTWFpbGZsb3d8eyJWIjoiMC4wLjAwMDAiLCJQIjoiV2luMzIiLCJBTiI6Ik1haWwiLCJXVCI6Mn0%3D%7C3000&sdata=joVF8R10otK857ZWcmxEoXQ1EqzYTVcB4DjWu6coD%2BE%3D&reserved=0> 


以下3月18日のメール―――――――――――――――――――――――――――


いつもお世話になっております。

スポーツ庁政策課でございます。内閣委官房コロナ室からの周知依頼を受けて厚生労働省の事務連絡をお送りいたします。


厚生労働省にて添付のとおり事務連絡「B.1.1.529系統(オミクロン株)が主流である間の当該株の特徴を踏まえた感染者の発生場所毎の濃厚接触者の特定及び行動制限並びに積極的疫学調査の実施について」(令和4年3月16日)が自治体宛てに発出されております。
本事務連絡では、潜伏期間・発症間隔が短いオミクロン株の特徴を踏まえ、感染状況など地域の実情に応じて、
 〇感染するリスクの高い同一世帯内や、重症化リスクの高い方が入院・入所している医療機関、高齢者施設等については、濃厚接触者の特定や行動制限を集中的に実施する
 〇濃厚接触者については、エッセンシャルワーカーか否かにかかわらず、検査を組み合わせた待機期間の短縮を可能とする
 〇一般の事業所等については、保健所による一律の濃厚接触者の特定・行動制限を行う必要はない
 などの取扱いが示されております。

事務連絡の参考資料も添付されていますので合わせてご参照いただき内容についてご了知いただきますようお願いいたします。
また、関係機関等への周知につきましても、ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。
福島県文化スポーツ局スポーツ課からのお知らせ
tokyo2020バナー
賛助会員募集のバナー
各種届出申請書ダウンロードのバナー
アンチ・ドーピング宣言のバナー
リンクについて