【スポーツ庁:再連絡】地方自治体及び民間事業者等によるワクチン接種歴や検査結果確認の取組の考え方について(周知依頼)

福島県スポーツ協会各加盟団体事務局長 様 
 
【スポーツ庁:再連絡】地方自治体及び民間事業者等によるワクチン接種歴や検査結果確認の取組の考え方について(周知依頼) 
 本協会の事業推進につきましては、日頃より御理解と御協力をいただき、厚く御礼申し上げます。
 さて、標記の件について、日本スポーツ協会から通知がありましたので内容を御確認の上、関係者へ周知くださるようお願いします。詳しくは下記を参照の上、御確認ください。なお、御不明な点などありましたら、該当するコールセンター等に直接連絡をお願いします。
 
~以下は日本スポーツ協会からのメール文~

Subject: 【スポーツ庁:再連絡】地方自治体及び民間事業者等によるワクチン接種歴や検査結果確認の取組の考え方について

加盟団体 各位

日本スポーツ協会総務課でございます。
日頃から当協会スポーツ推進事業に対し、ご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

スポーツ庁から、ワクチン接種歴や検査結果確認の取組の考え方に関するメールがありましたので、以下のとおりお送りいたします。
貴団体におかれましては、内容をご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。

以下スポーツ庁からのメール内容―――――――――――――――――――――――――――
いつもお世話になっております。
スポーツ庁政策課でございます。
以前周知させていただいたものと同じ内容ではございますが、
内閣官房コロナ室からの周知依頼を受けて再度お送りいたします。
関係団体への周知のほど、よろしくお願いいたします。



3月4日に改訂された基本的対処方針において、

「政府は、都道府県と連携しながら、地方公共団体や⺠間事業者が安全・安心を高める取組として、ワクチン接種歴や検査結果を確認する取組を推奨する。」旨が記載されているところ、

3月11日に開催されたコロナ分科会において、この取組についての現時点での分科会の考え方が整理され、以下のリンクの通りHP上で公開されているところですが、

若者を含めワクチン3回目接種をさらに促進するとともに、安全・安心を高めながら社会経済活動を回復・継続するために、

日常生活の様々な場面・場所において、ワクチン接種歴や検査結果を確認する取組を一層進めていく必要があることから、

改めて関係団体への周知とこうした取組の推奨が依頼されているものです。

(地方公共団体や民間事業者等による ワクチン接種歴や検査結果確認の取組の考え方について)
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/taisakusuisin/bunkakai/dai14/vt_torikumi_interim.pdf<https://jpn01.safelinks.protection.outlook.com/?url=https%3A%2F%2Fwww.cas.go.jp%2Fjp%2Fseisaku%2Fful%2Ftaisakusuisin%2Fbunkakai%2Fdai14%2Fvt_torikumi_interim.pdf&data=04%7C01%7Cfukushimaken%40japan-sports.or.jp%7C1f51733464a241aca5fe08da1b543a64%7C179e1cb6da534b43baaad54476da9ece%7C0%7C0%7C637852345836228327%7CUnknown%7CTWFpbGZsb3d8eyJWIjoiMC4wLjAwMDAiLCJQIjoiV2luMzIiLCJBTiI6Ik1haWwiLCJXVCI6Mn0%3D%7C3000&sdata=psMxZxNTgcuZHzVOmFX0cEM7GtH9r3owvW8X7BQlRJg%3D&reserved=0>

(参考:基本的対処方針における記載抜粋)
③ まん延防止等重点措置を終了する都道府県においても、地域における感染状況や公衆衛生体制・医療提供体制への負荷の状況など、地域の実情を踏まえ、法第 24 条第 9 項に基づく措置やオミクロン株の特徴を踏まえた感染防止策等を引き続き実施する。また、政府は、都道府県と連携しながら、地方公共団体や⺠間事業者が安全・安心を高める取組として、ワクチン接種歴や検査結果を確認する取組を推奨する。


何卒よろしくお願いいたします。

福島県文化スポーツ局スポーツ課からのお知らせ
tokyo2020バナー
賛助会員募集のバナー
各種届出申請書ダウンロードのバナー
アンチ・ドーピング宣言のバナー
リンクについて